多発性嚢胞腎特別外来について

常染色体優性多発性嚢胞腎て、どんな病気?

 この病気は遺伝します。ご両親のどちらかに、病気があると二人に一人は常染色体優性多発性嚢胞腎になります。
 尿を濃縮する尿細管という管の細胞が増えて尿細管の―部がコブのように拡がり、やがて尿細管から離れて、水を含んだ風船玉のように大きくなります。これをのう胞と呼びます。のう胞は数が増え成長すると周囲の正常な尿細管を圧迫したり、破砕したりして腎機能を悪化させながら、腎臓は巨大化します。上図の赤矢印のように腎臓が大きくなると、黒矢印のように腎臓の機能が悪化して60歳までに透析治療が必要になることが知られています。








 サムスカ®(抗利尿ホルモンの阻害剤)を服用すると1年毎の嚢胞腎の増大率が5.51%から2.80%(青線)に低下して、腎機能の悪化速度も-3.81%から-2.61%(青線)へ緩和されると報告されています。
 昨年、サムスカ®錠が嚢胞腎に対して健康保険の適応となしました。しかし、高価なお薬のため一部の方の治療にとどまっていましたが、今年、難病「常染色体優性多発性嚢胞腎」に指定され、公的補助のもとで治療が受けやすくなりました。 当院は透析治療を始め、腎臓病治療を幅広く行ってきた関係で常染色体優性多発性嚢胞腎の皆様から多くのご相談をいただきました。
 そこで、完全予約制の多発性嚢胞腎特別外来を開設してご相談と治療に対応いたします。お気軽に、ご利用ください。

地域連携課ご案内

当院ご利用の皆様へ

地域連携課では、病気などから起こる、さまざまな不安や悩みに対して、ご相談をお受けしています。

[相談内容について]

  • 介護保険サービスなどの制度や申請方法について。
  • 在宅療養、転院、施設への入所など、退院後の生活について。
  • 入院費、治療費、生活費などの経済的な問題について。
このほかに関しても、お気軽にご相談下さい。

[相談を希望される方へ]

  • 1階総合受付または、入院されている病棟のナースステーションへお申し出下さい。

[受付時間]

  • 9時00分~17時00分(日・祝祭日を除く)

各医療機関へ

[業務内容]

  • 紹介による入院、検査の予約
  • 他医療機関との連絡調整及び情報提供
  • 紹介に関する情報管理

[受付時間]

  • 8時30分~19時00分(日・祝祭日を除く)
  • 緊急の場合は、24時間電話対応(時間外の場合は、当直医師及び看護師が対応します。)

[連絡先]

  • 城陽江尻病院 地域連携課
    TEL 079-225-1231
PAGE TOP